業者を選ぶときに気をつけておきたいポイントについて紹介

誤って消去しても大丈夫

ハードディスク

フォーマットしたHDDなども救出可能

デジタルカメラの画像ファイルを誤って消去してしまったり、誤操作でHDDを初期化してしまったりしても、データを復旧することは可能です。一見すると完全消去してしまったように見えても、実際のデータは記憶媒体内部に存在している可能性が高いからです。フォルダ上やインデックス上では検索することができない状況になっていても、実データはそのまま温存されている公算は高いといえます。それというのも、記憶メディア内部ではインデックス情報(ファイルやデータの属性を管理する領域)と実データは離れた領域に配置されているので、インデックス情報だけが見えない状況になっていても、ファイルの属性が見えない状況になっているだけで、原則的にデータに変更を加えられることはありません。インデックス情報とデータ本体を分離して管理するのは、ディスク内データへのアクセスの便宜を図るための機能ですが、これを逆手にとって復旧することは可能です。データ復旧は消去したパーティションからの痕跡を元に追跡することによっても可能です。しかし記憶領域の有効活用のために上書きが行われてしまうと、復旧は困難になります。そのような事態を回避するべく、データ復旧はいち早く着手することが大事です。なおOS附属のツール・ディスクユーティリティは、Windowsなどのオペレーションシステムの構造の論理的な整合性を修復するためのソフトウェアにすぎません。行方不明になったものの普及には不向きなので、復旧の目的で利用しないことをおすすめします。