業者を選ぶときに気をつけておきたいポイントについて紹介

基礎知識に関すること

パソコン修理

注意点について

何らかの原因でパソコンのデータが読み取れなくなってしまった場合、データ復旧でまず注意しておきたいのは「初期化や上書きをしない」ということです。パソコンでトラブルが発生すると、画面上で初期化の実行を促すメッセージが出ることがありますが、初期化をしてしまうと全てのデータが消去されてしまうため、復旧ができなくなります。上書きについても、元々あるデータを消すことになるので、書き込みや保存といった作業は行わないようにしましょう。次に注意しておきたいのは、「復元ソフトを使うときは症状を悪化させないように慎重に行う必要がある」ということです。比較的症状が軽い論理障害の場合は、市販や無料配布されている復元ソフトを使って復旧することもできます。しかしソフトが使える状態かどうかを判断するのは案外難しく、無理に使ってしまうと症状が悪化してしまうこともあるため、判断に迷ったら専門業者に依頼したほうが無難でしょう。さらに、機器自体の破損や経年劣化によって起こる物理障害の場合は、「無理に電源を入れて動かそうとしてはいけない」という点に注意する必要があります。物理障害が発生している状態で無理に電源を入れると、ハードディスクがさらにダメージを受けて復旧が不可能になってしまうことがあるからです。そのため、機器自体に異常がある物理障害だと考えられる場合は、すみやかにデータ復旧の専門業者に相談したほうがよいと言えるでしょう。